マリーエンブルク城の結婚式

9月 30th, 2015 by Marcus

今もハノーファー王家に伝わる、ジョージ5世が王妃マリーに贈った愛の証であるメルヘンのお城。
お二人の挙式に特別な舞台を演出します。
深い愛情で結ばれた二人とその娘たちが暮らした、大変可愛らしいお城。
王妃自ら城の設計と内装に携わり、童話を愛した彼女の夢が全て実現したマリーエンブルク城を、マリー妃は「私の小さな黄金郷」と呼びました。
2005年に子孫のハノーファー皇太子エルンストアウグスト殿下により初めて一般に公開されるようになりました。

シンデレラのような夢の挙式
人生最良の日を夢の中でお過ごし下さい。
白馬の結婚馬車でお城に向かう二人は、まさにプリンスとプリンセス。
パリのセントチャペルを見本に建てられた夢の礼拝堂で、誓いの言葉を交わしてください。
セレモニーの後は城のレストランまたは嘗ての王の間でご結婚祝いの宴が貴方を待ち受けています。

見学コースでは、城の住人であった家族の生活ぶりや当時のハノーファー王家の歴史を垣間見ることができます。
貴方の生涯の思い出として、挙式の模様は写真またはビデオに収められます。
日本人カップルの方にのみ、城の歴史的広間や居間での写真撮影が許されています。
プリンスとプリンセスになりきって1日をお過ごし下さい。
マリーエンブルク城での素晴らしい雰囲気にあふれた、メルヘンの挙式に貴方をご招待致します。

写真はイメージです。
記載のない画像は Schloss Marienburg より許可を得て使用しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。